酵素が足りないとどうなるの?

酵素が足りないとどうなるの?

酵素がなければ、私たちの体は食べたものを消化することができません。
酵素の最も大切な働きは、栄養素を分解して体に吸収させることです。
例えば、食べたものを噛むときには唾液が出ますよね。
この唾液には唾液アミラーゼという酵素が含まれています。
さらには噛んだ食べ物が胃の中で消化されますが、この際には胃液に含まれている消化酵素が働きます。
このように、食べ物を口に入れた瞬間から、消化吸収されるまで、酵素の働きがないと、私たちの体は栄養分を取り入れることが出来ないのです。
酵素が人の体にとって必要不可欠なものである理由が、よくわかっていただけると思います。
では、どのくらいの酵素を、私たちの体は必要としているのでしょうか?その量には個人差があって一概にどのくらいとは言えず、生活習慣や食習慣などによっても変わってきます。
また、酵素が体内で作り出される量にも個人差があります。
酵素の量が不足している人は、外から補給することで補うことができます。
最も効率良く酵素を補給する方法として、酵素ドリンクや酵素サプリメントを飲む事があげられます。
最近では酵素への関心が深まっていることもあって、高品質の酵素ドリンクを生活に取り入れる人も増えています。